椎間板ヘルニアの症状と原因、対処法が解る【腰痛完治WEB】

椎間板ヘルニアの症状と原因

悪い姿勢や外部からの急激な力などによって椎間板の繊維輪に亀裂が生じ、髄核という内部組織が飛び出すことによって、神経を圧迫してしまう疾患です。比較的若い方に多く20代〜40代の方に多く見られます。

 

神経の圧迫によって違うものの激しい痛みを伴います。

 

椎間板ヘルニアの症状は?

腰痛+神経痛

 

稀に痛みが出ない方もいますが、一般的には腰痛の中でも強い痛みを引き起こす疾患です。また神経が圧迫される事により足の痺れや感覚の麻痺などが起こります。

 

進行すると筋力の低下ご起こり、神経の圧迫のされ方によっては排尿障害なども引き起腰ます。

 

 

 

 

椎間板ヘルニアの自覚症状は?

これ等の症状があれば注意が必要です。

 

左右どちらかの足が痺れる(飛び出した方向によっては両側痺れる事もある)

 

ずっと立っていることが困難。

 

椅子に座っていると腰が痛くなってくる。

 

寝ている状態で足を伸ばしたまま上に上げると激痛。

 

これらが代表的な自覚症状ですが、一般論であり、髄核の飛び出し方によっても症状は変わってきますし、ヘルニアの痛みをかばった結果他の部分も痛む、など症状は人によって違いがありますのでこれ等の症状が当てはまるからヘルニアと確定が出来るわけではありません。またこれ等の症状があるからヘルニアとも限りませんので確定診断にはMRIが必要です。

 

椎間板ヘルニアの診断方法は?

レントゲンでは絶対に見つかりません

 

ヘルニアは神経が飛び出す事によって起こりますのでレントゲンの撮影のみでの診断は不可能です。下肢伸展挙上テスト、大腿神経伸展テストなどによってヘルニアの可能性を探る事は出来ますが、最終的な確定診断にはMRIによる診断が必要です。

 

椎間板ヘルニアの症状と原因、対処法が解る【腰痛完治WEB】

 

椎間板ヘルニアの治療方法は?

最近は保存療法が中心です

 

昔は『飛び出した髄核は戻ったり、消滅したりすることな無い』と考えられていた為、手術による治療が一般的でした、しかし最近では、大抵の場合飛び出し髄核は自然に消滅する事がわかってきたため保存療法で、自然消滅を待つのが一般的になってきました。

 

具体的にはコルセットの着用や、痛み止めのブロック注射などで痛みを抑えます。

 

しかし痛みが改善されていかない場合や、排尿障害などが発生している場合は積極的に手術が選択されます。


メインメニュー