腰椎分離すべり症の症状は?対処方法と症状を解説【腰痛WEB】

腰椎分離すべり症の症状は?

腰椎分離すべり症

激しい運動による疲労骨折

 

分離すべり症は激しい運動によって引き起こされます。体に激しい衝撃が加わる運動では絶えず腰椎の上下運動が発生します。このことによって椎骨と後部と椎弓と呼ばれる部分を疲労骨折する事があります。これを脊椎分離症といい、この分離によって椎骨が前方にずれてしまうと分離すべり症と診断されます。

 

この疲労骨折については驚く事に痛みが出無い事も多いようです。

 

疲労骨折は自然にくっ付く場合もありますが、直らないままになると最終的にはひとつの腰椎が前の部分と後ろの部分の二つに分かれてしまうことがあり、この場合も分離症と診断されます。

分離症の症状は?

症状がでないこともおおい。

 

症状として腰椎がやや動きにくくなる、動かすとでん部痛が起こるなどあります。分離している部分が異常な状態になりますので、その影響で組織の塊をつくることがあり、これが周囲にある神経と癒着したり神経を圧迫したりして症状を引き起こすことがあります。

 

具体的には重い荷物をもったり、中腰の姿勢になったりしたときに足腰がしびれたり、こま切れにしか歩けなくなったりする場合は分離すべり症の可能性が疑われます。

老化、変性によってすべり症が引き起こされる事もある

年をとって腰椎部分への負担が増大すると背骨が安定を失ってズレが生じることがあります。そうして一部の椎体が本来の位地から前にずれた状態を腰変性すべり症といいます。変性すべり症の原因には加齢、肥満、背筋や腹筋の筋力低下、無理な姿勢の断続などがあげられます。筋力が弱い中高年女性の腰痛の原因に多いことが特徴です。腰痛のズレは多くの場合5つある腰椎のうちの椎骨のうち第四椎骨または第五椎骨に発生する傾向にあります。

 

症状としては脊柱管狭窄症に似た症状が現れます。

腰椎分離症、変性すべり症の治療方法は?

初めは安静が1番

 

スポーツによる分離症がその急性期に発見された場合安静が第一です。コルセットをつけて腰に負担をかけない生活を生活が必要で少なくとも3ヶ月〜5ヶ月は運動を休止したほうが賢明です。復帰期間は症状やレントゲンの結果などで慎重に決定されますが、お医者さんと相談される事をオススメします。

 

慢性期の治療

 

慢性期ではシップなどの鎮痛消炎剤を対処療法として使用します。腰を暖めるなど物理療法も症状を融和させることがあります。腰痛や足の痛みが激しい場合にはブロック注射などを利用する事もあり、非常に効果的です。

 

またコルセットで腰を固定する事によって腰椎を安定させることが可能なので、運動を再開する場合などもコルセット着用が望ましいでしょう。

 

最終手段は手術

 

今まで紹介した治療に効果が無い場合手術をする事も選択肢に入ってきます。具体的には椎体と椎体を金属で固定する手術になりますので、入院が必要な手術となります。

腰痛と布団の話


腰痛と椅子の話


巷で評判の書


メインメニュー