ぎっくり腰の症状は?対処方法と症状を解説【腰痛WEB】

ぎっくり腰とは?

ぎっくり腰

 

ぎっくり腰とは急に起きる腰痛の総称。本当の原因がわかる病名ではない
腰が痛いと病院にいった方が1番多く診断されるのがぎっくり腰です。ぎっくり腰の中には単なる捻挫も含まれれば、椎間板ヘルニア、圧迫骨折などのことも含まれるのです。(多くの医者がレントゲンで原因が解らない=筋肉の炎症=ぎっくり腰と言う判断を下します)

 

簡単に言えばあくまでも『ほんとうの病名がわかるまでの仮の病名』または『医者が説明をするのが面倒のな時に、解りやすく説明するためのとりあえずの病名といえます。

 

もちろん、急性の痛みが起こり、じっとしていたら二、三日ですっかり痛みも無くなってしまったというような場合もあればそのうち足がしびれて痛くなったりしてきて色々調べたら、ヘルニアと言う場合もあるのです。

 

なので医者から『ただのぎっくり腰』という診断を受けても、安心する事は出来ません。メッセージ的には『骨には異常は見られませんでした。でもそれ以上解りません。ヘルニアよりもぎっくり腰の人のほうが多いので、恐らくあなたもぎっくり腰でしょう』こんな感じの診断だと受け止めたほうが言いと思います。

 

管理人もぎっくり腰と診断された後にヘルニアの診断を受けています。

ぎっくり腰の治療方法は?

とにかく安静が何より

 

一般的にぎっくり腰といわれる腰の筋膜症の場合でもヘルニアの場合でも、痛みの出始めの急性期では安静が第一です。起きていられないくらいの痛みの場合は楽な格好、痛くない格好で寝ていてください。

 

傷めた場所、本質的な病状にもよりますが、基本的には横向きで脇を締めている体勢が楽な場合が多く腰への負担も小さいと思います。休みたくない、休めない状況で鎮静剤などを使って無理に勤務するなとはいいませんが、無理が災いして状況が悪化すれば寝返りさえも辛いという状況も起こりかねないません。

 

痛いながらもあるけるようになればコルセットをキツメにまけて無理なく行動するのが良いでしょう。

 

急性期には炎症を起腰ている場合が多いので基本的には冷やす事をオススメしますが、暖めて痛みが取れるようなら暖めても問題がない場合が多いようです。

 


メインメニュー