腰痛を知るには背骨を知る事!【腰痛改善WEB】

背骨と腰痛の関係

背骨とは数十本の骨の集まり

 

背骨は正式な呼び方は脊柱といいます。脊柱は1本と骨では無く上から下までずらりと連なった構造をしています。首の部部分は頚椎と呼ばれる7個の骨、背中の部分は胸椎と呼ばれる12個の頚骨、腰の部分は腰椎と呼ばれる5個の骨からなり、その他に骨盤の真ん中にある仙骨や俗に尾てい骨があります。

 

胸椎は肋骨と連結して肺や心臓を包むためのものなので、それほどの動きはありませんので痛みは発生しにくいです。頚椎や腰椎は前後左右の動きに加えて回転までするので脊椎は全体として色々な動きが出来るのです。

 

このように脊柱は体の中心にある支柱という役割が1番ですが、同時に【脊髄、神経を入れる容器】という面もあります。

 

椎骨は指輪のような形

椎骨とは解りやすく例えるならば指輪のような形をしています。宝石がついていつ部分が椎体、リングの部分を椎弓といいます。この指輪場がいくつも並んだもの全体を脊柱とよび連結したリングが作りだす長いトンネルを脊柱管といいます。

 

この脊柱管の中には硬膜という袋に包まれた脊椎が通っています。

 

ではこの沢山の椎骨を連結させているものはなんでしょうか?

 

まず椎体と椎体をつなぎ合わせているものとして椎間板という比較的柔らかい組織があります。これは丸いクッションのようなものです

 

今回は背骨の構造についてお話しました一見あまり腰痛と関係のない話のように思えますが、構造をしっかりと理解する事で痛みの原因などがわかりやすくなると思います。

腰痛を知るには背骨を知る事!【腰痛改善WEB】関連ページ

腰痛の根本的な原因とは?【腰痛改善WEB】

メインメニュー