圧迫骨折の症状と原因、対処法が解る【腰痛完治WEB】

圧迫骨折の症状と原因、対処法が解る

圧迫骨折は、外部から強い力が原因で発生します。高齢の方以外が腰の骨を圧迫骨折する原因は高いところからの落下などによって引き起こされる場合が多いようです。しかし高齢の方で骨粗損傷の方などは、くしゃみなどの些細な原因で圧迫骨折を引き起こすことがあります。

圧迫骨折の症状

骨粗損傷を起因とす圧迫骨折は見過ごされる場合も

 

高い所からの落下などで圧迫骨折した場合、原因もはっきりしていますし、強烈な痛みなのでほとんど見過ごされる事はありませんば、骨粗損傷を起因とするような場合急性の激しい痛みは発生するものの、直ぐに症状が治まる場合もあります。

 

基本的に骨折の仕方によって痛みは異なりますが、放置してしまうとそこから脊椎が変形するために神経の圧迫などが生じて脊椎管狭窄症のような症状も併発します。

圧迫骨折の診断方法は?

レントゲン+MRIです。

 

骨折自体はレントゲンの撮影で発見できますので、骨折箇所は発見できますが、神経との関係性で治療方法が変わってきますので、MRIによる検査は必須です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

圧迫骨折の治療法

安静で保存療法

 

骨折の仕方や、神経への圧迫の有無などによって治療方法は違いますが、骨折した骨が神経を圧迫等がない場合は安静による治療が選択されます。

 

保存療法はベッドでの絶対安静が基本となります。このときに動いて、圧力をかけてしまうと、骨がつぶれる形で変形してしまい、腰部脊柱管狭窄症を併発する危険性が非常に高くなります。


メインメニュー