脊柱管狭窄症の症状と原因、対処法が解る【腰痛完治WEB】

変形性脊椎症の症状と原因、対処法

変形性脊椎症とは、長期間にわたる腰への負担で椎間板が変形し椎骨に棘ができる症状です。長年力仕事をしていた方や、体重が重い方などに発症しやすい事が特徴です。この病気は椎間板の変形によって起こるため、若い方にはほとんど見られず、40代以上に多く発生します。

 

この棘が出来る事によって神経や筋肉を刺激して、痛みを起腰ますが、棘自体は痛みの原因にはなりませんので、この棘がある方全てが痛みを訴えるわけではありません。   

変形性脊椎症の症状は?

 

強烈な痛みを訴える患者さんは多くありませんが、痛みは腰から臀部に及ぶ事も多く広範囲に広がる事が特徴です。また神経の圧迫の度合いによっては痺れが発生したり、症状が進むと脊椎管狭窄症ような症状を発症する事もあります。

 

変形の具合によって症状が違ってきます。

 

 

 

 

 

 

変形性脊椎症の診断方法は?

レントゲンで発見可能です。

 

棘の部分はレントゲンで確認可能です。しかしそれが痛みの直接的な要因になっているか?などの診断にはMRIやCTでの診断が必要です。

変形性脊椎症の治療方法は?

基本的は安静で様子見

 

基本的には安静で症状が改善する事が多いようです。しかし神経の圧迫などの具合によっては手術などを行う場合もあります。しかしこの棘自体は先ほども述べたように痛みの根本的な原因ではありません。

 

そして加齢による椎骨の変性と言うのはそこまで珍しい事ではありませんので、痛みなどが弱い場合はそこまで気にする事は無いでしょう。但し神経の圧迫の具合によっては痺れや筋力の低下などを起こす事もありますので、それらの症状がある場合はMRIでの診断が必要となります。


メインメニュー