腰椎分離すべり症の症状と原因、対処法が解る【腰痛完治WEB】

腰椎分離すべり症の症状と原因、対処法が解る

腰椎分離すべり症は、激しい運動による負担で疲労骨折を起腰、それが原因で椎骨がズレる病気です。腰の骨の骨折と言うと凄く重大な印象を受けますが、全人口の5%この骨折を起腰ているといわれます。

 

しかし骨折は痛みの原因ではないため、見過ごされる場合も多くあります。痛みは椎体がずれて神経を圧迫する事によって起こります。腰椎変性分離症という似た病気がありますが、こちらは老化が原因で発生します。分離症は主に激しいスポーツをする10代に多く見られ、若年性の腰痛の代表的な病気です。

 

腰椎分離すべり症の症状は?

実は細かく病名は分けると【腰椎分離症】と【腰椎分離すべり症】に分類されます。左の画像は単純に分離症の画像です。骨が疲労骨折して離れている状態がわかると思います。右の画像は骨はくっ付いているもの滑って椎骨がずれている状態です。(腰椎変性分離症の画像)


滑りが無く腰椎の疲労骨折のみの場合は痛みが出ない事が多く、腰を反らせたときに痛みが出る程度で見過ごされる場合も多いです。しかし疲労骨折した部分が弱り椎骨にズレが発生した場合【腰椎分離すべり症】になります。

 

椎間板ヘルニアなどのような強烈な痛みを訴える患者さんは多くありませんが、重い荷物を持ったり、中腰の姿勢ををしたとき、歩き出したりしたときに痛みが強くなる傾向があります。また代表的な症状として【カンケツハコウ】という症状で、細切れでしか歩けない症状を指します。

 

これは神経が圧迫される事により、腰からふくらはぎにかけて痺れが発生するためです。

 

 

症状が進行すると足の筋力の低下、排尿の障害、排便の障害が発生します。

腰椎分離すべり症の診断方法は?

疲労骨折した部分はレントゲンで撮影可能なのではじめはレントゲンでの診断が可能です。痛みの場所を的確に判断するにはさらにMRIなどで原因を特定します。

 

レントゲンで椎骨のズレが確認できます。。

更にMRIではこのように神経まで確認できますので、より詳しい腰痛の要因がわかります


腰椎分離すべり症の対処法

保存療法がベター

 

骨折といわれると凄く重大に思われますが、基本的に安静で回復します。部活などを真剣になさっているお子さんにとって3ヶ月〜4ヶ月の安静と言うのは非常に辛いとは思いますが、痛みが強いうちに激しい運度を再開されるとすべりの幅が拡大する可能性もありますので、コルセットなどを着用して安静が第一です。

 

しかし排尿障害や激しい神経痛などがある場合は、椎骨を固定する手術が必要になります。


メインメニュー