腰椎変性すべり症の症状と原因、対処法が解る【腰痛完治WEB】

腰椎変性すべり症の症状と原因、対処法が解る

腰椎変性すべり症は長年の負担や、腰椎の老化により椎骨がズレる病気です。ずれ自体は痛みの原因にはなりませんが、ズレた椎骨が周りの神経や筋肉を刺激するために痛みを発生させます。主に年配の方に発生しやすい病気です。腰椎分離すべり症と言う似た病気もありますが、これは疲労骨折によって椎骨がずれる病気で、症状自体は同じですが、こちらは10代に多い病気です。

 

腰椎変性すべり症の症状は?

椎間板ヘルニアなどのような強烈な痛みを訴える患者さんは多くありませんが、重い荷物を持ったり、中腰の姿勢ををしたとき、歩き出したりしたときに痛みが強くなる傾向があります。また代表的な症状として【カンケツハコウ】という症状で、細切れでしか歩けない症状を指します。

 

これは神経が圧迫される事により、腰からふくらはぎにかけて痺れが発生するためです。

 

 

症状が進行すると足の筋力の低下、排尿の障害、排便の障害が発生します。

 

ヘルニアなどとは異なり、腰を反った体性で痛みが増し、腰を丸めた状態で楽になる事も特徴です。これは前に体を傾けるとすべりよって圧迫された脊柱管が広がるためです。

腰椎変性すべり症の診断方法

 

椎骨のズレはレントゲンの診断で確認できますので、第一の診断方法はレントゲンの撮影となります。より詳細な診断を下すためには神経まで写す事が出来るMRI使用しての診断が有効です。

 

レントゲンで骨がずれていることが目視できると思います。

更にMRIではこのように神経まで確認できますので、より詳しい腰痛の要因がわかります


腰椎変性すべり症の対処法

保存療法がベター

 

コルセットで腰椎は固定、保存療法で見守る事が多いようです。またしかし排便、排尿障害など重度の場合、腰体を固定するためにボルトで固定したり、神経の圧迫を取り除いたりする手術を行う事もあります。


メインメニュー