議論!腰痛は整骨院か?整形外科か?整体か?

腰痛は何処に見に行けばいいの?

整形外科をオススメするAさん

 

 

私の仕事は守秘義務が課せられているので 詳細には語れませんし、診察したこともない方々を 安易にいえない部分もありますのでご了承ください。

 

医療とは遊びではありません。 注射一本にしろ雑誌を読んだ程度でされたりしたら 患者は大変な目にあうかもしれません。

 

治療に期間ようするものもあるかと思います。 もし心配でしたらかかりつけの医師に
ご自分の気持ちなどを相談するのが先決かと思います。

 

私の勤務において電話や窓口相談がありますが (病院でも、治療院などでもありません) 実際に、治療に関する苦情が多いのは、
整体などが大半を占めています。

 

結局、怪我や悪化した場合 彼らは傷害罪にあたるので警察の管轄になるのですが (そこからはタッチ出来ません) ほとんどが泣き寝入りや示談が多くなります。

 

また、少し他のトピックも見ましたが 診断画像はmixiへの添付を 患者などの許可を得て貼っているのでしょうか?

 

ちなみに画像は簡単に借りることは出来ます。

 

>それでは整形外科の医師がすべて安心かというと、

 

>それも言えないことです。

>実際に来ていただいて、安心できるかどうか確認していただくのがいちばん確実だと思います。

 

よくわからないですが、何が出来るのというのですか? 看護助手だったのかもしれませんが それで、すべての整形外科、麻酔科など 医師と比べているのでしょうか?

 

 

病院によっては神経ブロックその場でやってくれ その日に帰れるところも多いと思います。 治療期間がどのくらいかかるのかは 聞いてみたほうがいいと思います。

 

手術以外でも根拠のある違う治療法に変えてくれると思います。

 

中立派のBさん

 

何が良くて、何が悪いと断定するのは難しいですよね。良い病院でも、結局自分の担当の治療者が悪ければダメでしょうし。医師が悪くても理学療法士は良いこともあるし、その逆もあるだろうし。

 

私の考えですが・・・(東洋系の資格のことは私は全く無知なのでなんとも言えません)

 

例えば腰椎ヘルニアの場合、つぶれた椎間板をなんとかしようと手術したり、痛みや痺れを抑えようと薬を出したりするのがDrの仕事だと思います。でもPTは飛び出た椎間板を元に戻せるわけじゃないし、薬もメスも使えない。私はPTとして、ヘルニアが発症した根本の原因や痛みを増強させている因子を徹底的につぶしていきます。変形性関節症も肩関節周囲炎も、根本の原因はそこではなく、他にあることが多いと感じています。

 

少なくともホットパックと牽引とマッサージとストレッチで「はい、また来週」なんてことはしません。でも残念ながら、うちの病院にもそんな術者はいっぱいいます。

色々な病院を見てきた患者Cさん

 

私はただの患者で、医療知識はありませんので一患者の意見として聞いて頂きたく思います。

 

私は今の病気と診断されるまでかなりの数の整形また他の科を回りました。 幸い今の整形の先生で診断がつき治療中です。

 

しかし、この経験ですべてのお医者様が常に勉強なさっていて、最新の知識と技術を持っているわけではない、またそれが大学病院のようなところであっても同様である、と、これほど痛感したことはありません。
整形的に異常が見たら無いなら、他の科を受診した方がいいですか?という私の質問に「あなた若いからそんな必要ない」と言われたり、セカンドオピニオンを求めたところ怒られたことすらあります。今の病院も本やネットで自力でようやく探した先生です。

 

整体やカイロを私は推進するわけではありませんが、上記のようなお医者様の存在が、そのようなところへ患者を導いている要因の一つではないでしょうか?

 

私も「整形でわからないなら整体や整骨院でなければ解らないのか」と何度も思いました。

一般患者Dさん

 

恐らくCさんのような患者さん(諦めず探しまくる人)か 泣き寝入りする人(諦める人)が殆んどでしょうね。ただ残念なことに資格者にしろ無免許にしろ「(診断・治療を)受けてみなけりゃ解らない」というのが実情。
だから世の患者さん達は一般的に最新の医療を提供してくれると『思われている』大学病院に行く、と。すると殆んどの患者さんがそこに流れていく。・・・で治らなければ探しまくり「結果を出せる人(効果を出せる人、快方に導いてくれる人)」の所・・・つまり巧い人の所に行く訳です。これは国家資格、民間、東洋、西洋(医学)関係なくです。

 

Bさん、僕が言いたかったのはそういう事なんですよ。 混んでる医者が一番上手、なんて意味の文章は書いてません。 むしろその巧い人の所に辿り着くまでが永いからごく少数ですよ。
その他大勢はあなたの言う通り『泣き寝入り』か『長期入院』です。 ちなみに『詭弁=誤りを真実らしく思い込ませる推論』です。
『上手い人の所に行く』のは普通だと思いますが?

 

あと気になったのが・・・
>私も過去患者に頭蓋骨や骨盤などがずれてると言われて『苦笑い』したこともあります。もちろん、その後画像診断にて説明。
・・・それは不安一杯で病を『患った者』に対して取った態度ですか?
患者は医者の一挙手一投足を見ているし、言葉ひとつため息一つを
真剣に聴いていますよ。

 

>本当に身体に関して勉強したいのであれば
看護学校でも出ておいてもらえば説明しやすくなります。
・・・患者さんはそれが出来ないから専門家(医者)の所に行くのですよ。
そして解りやすく教えてくれる医者を求めてます。

 

>もし仰るように効果的なのであれば客観的、科学的に説明していただければうれしいです。
・・・『何が』効果的だ、と言ったのでしょうか、私?「XX医院が良い!」とか「XX療法が効く!」とか書いてませんが。

 

そもそも東洋医学と西洋医学はその始まりからして違うし、西洋医学の中でもさまざまな学説があり、それを信じる医者、信じない医者がいる訳だから説明しても理解していただけるか難しいと思いますよ。


メインメニュー