腰痛の原因は結構不良?鍼灸で症状を改善

腰痛を鍼灸で治す

腰痛の起因となるものはさまざまあります。

 

しかし、骨の異常をのぞいて多くは筋肉の血行不足や冷えにあります。

 

例えば、運動不足や長時間イスに座っていたり、立ち続けたりしていると血液は巡りが悪くなります。
「冷え」も血行不良の原因となります。
お風呂に入らずシャワーだけで済ませる習慣や甘い物・辛い物・コーヒー
などのカフェインのはいっる飲料は身体を冷やします。
もちろんクーラーや扇風機の風に当たり続ける事も。。。

 

これら冷えや血行不良の改善に良いとされてる事がいくつかあります。
まずは、お風呂は湯船に浸かると良いです。目安は37〜38℃のお湯に
全身浴なら10〜20分、半身浴なら20分以上です。
そして、お風呂上がりにストレッチされるのが良いと思います。
ストレッチの方法の詳細は詳しくは割愛しますが、なるべくリラックスして
息を吐く時に伸ばすのが良いです。

 

有名なお医者様なども万病は冷えからと仰ってることからも、腰痛も含め
身体の不調は身体を冷やすことから始まる事が多いようです。

 

鍼灸治療も身体の血行改善や自律神経を整える作用がありますので、
お困りの際はお近くの鍼灸院に行かれるのも腰痛改善・予防に効果的
ですよ。


メインメニュー